FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

初代ゲームボーイ 分解 メンテ

今回メンテナンスするゲームボーイは先日記事にしたハードオフのお買い物でゲットした物です。
普通の色のゲームボーイと黒の初代ゲームボーイ。
WIKIで調べてみたら黒のゲームボーイは限定色ではなくカラーバリエーションとして普通に発売されていた物でした。
黒のほかに ホワイト、レッド、イエロー、グリーン、スケルトンがあるらしいが俺は見かけた事がない。

2016_3_5_gb_1.jpg
2台同時にメンテしたけど記事に出てくるのは標準色のグレーの本体です。
本体色以外、中身は全く同一です。

2016_3_5_gb_2.jpg
赤○6箇所のY字ネジを外す

2016_3_5_gb_3.jpg
液晶側の基盤
赤○10箇所のネジを外す

2016_3_5_gb_4.jpg
電池ボックス側の基盤
赤○4箇所のネジを外す

2016_3_5_gb_5.jpg
液晶画面内に入り込んでしまったホコリが大変目立つ。
ここはお掃除メンテ!

2016_3_5_gb_6.jpg
基盤を外すとこんな感じ。
複雑なケーブル類等がないのでゲームボーイは簡単に分解できるね。

2016_3_5_gb_7.jpg
液晶画面を良く見てみるとホコリが沢山付着しているのがわかる。液晶とカバーの隙間から混入してしまうようだ。
コレを綺麗にふき取ってしまえばここは終了。

2016_3_5_gb_8.jpg
スピーカー部分
問題なく音が出るので今回は交換不要。今後、交換する場合を考えてノギスで当たっておいた。
交換の場合は外形29mm以下のスピーカーが取り付け出来そう。

2016_3_5_gb_9.jpg
電池ボックス側の基盤です。
赤○4箇所のネジを外せばカセット差込口のシールドが外せる。

2016_3_5_gb_13.jpg
電池押さえ部品
2種類の部品で構成されている。
1つ側(W1)と2つ側(W2)があるが2つ側(W2)は同じ部品
ここまでバラせばボディーとボタン類を塩素洗浄できる。


2016_3_5_gb_14.jpg
液晶側基盤
基盤の拡大写真です。コンデンサー交換等は基盤に印字してある通りです。わかりやすいね^^

2016_3_5_gb_12.jpg
電池ボックス側の基盤拡大写真
この基盤からイヤホンジャック基盤と何かしらの小さな基盤が線でくっついている。


2016_3_5_gb_10.jpg
イヤホンジャック基盤

2016_3_5_gb_11.jpg
なにかしら基盤

2016_3_7_pk_1.jpg
プラスチック部品を塩素洗浄した後、組み上げ動作確認。
確認ソフトはポケットカメラで行ってみた。
正常動作を確認!
今回はお掃除がメインだったので弄るところは無し。
この後は接点復活剤等で接続部のメンテをしてあげましたw


おわり



おまけ
2016_3_7_pk_2.jpg
みる とる の画面。
とるの方を選択し「にげる」コマンドを選ぶと一定確立で・・・

2016_3_7_pk_3.jpg2016_3_7_pk_4.jpg
こんな感じのトラウマ画像が出る時がある。
コレ必要なのか? 大分寛容な俺からしてもこのセンスは全く理解できない・・・

2016_3_7_pk_55.jpg
中古で買ってきたソフトなので過去のオーナーが撮った写真がそのまま残っている場合がある。
俺のソフトにはかわいい幼女の写真がそのまま残されていた。おそらく前所有者だろうな。
中古ソフトとかのデータってみんな消さないで売るのかね?
前の所有者のデータが残っている事が本当に多い。
特に今回の物は顔写真と個人のフルネーム(モザイク部分)が残されていたよ。
中古で売る時はソフトによっては特に気をつけないとね^^;









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

BIOHAZARD RE:2

PS4
Z Version

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -