FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

第4回 DC アーケードスティック自作 コントローラー乗っ取り加工

続き記事になります
関連スレ
第3回 DC アーケードスティック自作 ボタン穴調整
第2回 DC アーケードスティック自作 入れ物加工
第1回 DC アーケードスティック自作 コントローラー分解
DC アケステ改造・自作計画 パーツ着弾!





2018_3_20_dc_00.jpg
前回はアケステ本体に新しく組み込む部品を納めるための加工までやりました。
今回はいよいよDC純正コントローラーパットを乗っ取り完成までこぎつけていこうと思います。



2018_3_20_dc_8.jpg
レバー側基板写真
レバー側の配線はセイミツ製5pinハーネスを使用しました。
このハーネスで差込口を左側にした場合、
左:黒
右:緑
上:赤
下:黄
GND:橙

※重要※当初L・Rトリガーボタンを乗っ取ろうと思い配線したのですが写真にある個所に配線した所、本体コントローラー接続基盤が壊れてしまったのでL・Rトリガーボタンは写真の個所には絶対に配線しないように注意してください。


2018_3_20_dc_9.jpg
A・B・X・Yボタン側基板
レバー側も同じですが、ハンダする箇所の被膜を削り配線していきます。



2018_3_20_dc_10.jpg
配線が終わったところの写真。
この時点で全て終わったと思いきや、スタートボタンの配線を忘れていました^^;
※写真にあるL・Rトリガーボタンの配線は間違っています。絶対に写真通り配線しないでください。


2018_3_20_dc_11.jpg
L・Rトリガーボタンの配線を取り付けて動作確認したところ本体前面のコントローラー接続基盤が壊れてしまいました^^;
本体をこの間買い換えたばかりだというのにこれは痛い><
それと、基盤を収める関係でボタン側にある支柱を取り払いました。


2018_3_20_dc_14.jpg
そんなわけで、以前使用していた本体を急遽ジャンク箱から引っ張り出してきた。



2018_3_20_dc_15.jpg
壊れたコントローラー接続基盤
見た目的にはどこが壊れたのかよくわからないが、こいつにコントローラーを接続しても反応しなくなってしまいました。


2018_3_20_dc_16.jpg
ジャンクDCから基盤移植完了!
この基盤は以前に電池交換できるよう改造した物です。
DCでは充電池を使っていましたが俺は普通のボタン電池をくっつけてます^^;
良いのか悪いのかわからないが電池交換すれば当分電池切れの心配がない。
といいつつ、2,3か月で電池切れしていたような気がする・・・
非経済的なのでおススメしません。



2018_3_20_dc_12.jpg
基板からL・Rトリガーボタンの配線を取り払うことにした。
俺のプレー予定のVF3シューティングゲームだと使わないボタンだし。
そして製作当初から悩んでいたメモリーカードスロットの件だけど本体内部にメモリーこと納め完成させることにした。
今後メモリーの抜き差しは簡単にできなくなるが、このアケステを使用するゲームは限られているので俺の場合これで良いんだよ。って事。


2018_3_20_dc_13.jpg
本体内部の配置がすべて決まったのでコントローラー基盤をプチプチにくるんで裏蓋を締めて完成!

次回は動作確認していきます~^^





おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

BIOHAZARD RE:2

PS4
Z Version

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -