FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

第3回 DC アーケードスティック自作 ボタン穴調整

続き記事になります
関連スレ
第2回 DC アーケードスティック自作 入れ物加工
第1回 DC アーケードスティック自作 コントローラー分解
DC アケステ改造・自作計画 パーツ着弾!



2018_3_20_dc_0.jpg
前回はレバーを取り付けられるように内部を調整した後、ボタン穴の加工が大変だったのでテーパーリーマーを注文するところまでやりました。
注文したリーマーが届いたので今回はボタン穴の加工をやっていきます。



2018_3_20_dc_2.jpg
実はこれ。前から欲しかった32mmのリーマーです。
アケステ自作をやっているとそのうち欲しくなるアイテムなんですよw



安心の日本製工具
使いやすくて切れ味抜群でした^^


2018_3_20_dc_3.jpg
最初、鉄ヤスリでボタン穴を削ってはみたもののボタン1つを仕上げるだけでメゲてしまった俺は32mmのテーパーリーマーを購入した。
リーマーが届いたので早速使用してみる。
穴にリーマーを差し込んで軽く手回しするだけで簡単にそして正確30mmの穴を作ることができた!
うは~w簡単w
結局は道具だわ~w


2018_3_20_dc_4.jpg
ノギスで穴の寸法を測りながら少しずつ進めれば間違うことはない。



俺の使ってるやつ。
物の加工をやっているとカナリ出番は多い。
当初はプラモデル用として購入したが現在はもっぱらゲーム加工用に使用してます^^
何でも使えるし便利です。
持っていて損なし。



2018_3_20_dc_5.jpg
実際にボタンをはめてチェックw
うん!大丈夫そうだw
こうしてすべてのボタン穴を加工していきます。




2018_3_20_dc_6.jpg
使用しないボタンは接着することにした。
今後はどうせドリキャスにしか使わないしこれが一番簡単だし。


2018_3_20_dc_7.jpg
はい!これで全部終わり!
リーマー使うと簡単に削れるけど削りカスがすごいことになるw
後処理が大変なので作業前に掃除機も用意しておいた方が良さそうです。
さて!今回はここまで。
次回は基板の乗っ取りをやっていく予定。






つづく

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

BIOHAZARD RE:2

PS4
Z Version

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -