FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

XBOX360 ホリパッドEX2ターボ  分解 修理 アナログスティック交換

2016.4.5追記 重要
アナログスティックを交換しましたがその後も不都合が出てきました。
不都合の原因はほかにあり、スティック交換したとしてもその内不都合が出ますのでご注意ください。
ただの欠陥ゴミパットです。

2016_1_14_1.jpg
以前修理した箱○用のHORIパットEX2
だましだまし使っていくつもりだったけどその後も不都合が多発し全く使える代物ではなかった。
アナログスティックがいったん調子がよくなったところで直ぐに不都合が出てくるのだ。
ほんとにストレスの塊のクソパット
完全に欠陥商品だと皆分かっている物を何食わぬ顔でリリースしているHORIはドンだけ面の皮が厚いのだと。
おれはジャンク品を購入したからまぁ諦めはつくがコレを定価で買ってしまった人が可愛そうだったりもする。
しかしながら連射機能やアナログスティック感度を変化させたりと機能的には非常に魅力あふれるパットなだけにこのまま棄ててしまうには実に惜しい。
そこで不良部品だと思われるアナログスイッチを他から移植する事にした。

そうなると、まずどこから部品を調達してくるかって問題が出てくる。
ホリパットに使われているスイッチはXBOX360純正のコントローラーについているスイッチと同じ形だったので初めに思い浮かんだのは純正パットからの部品調達でした。
ですが純正パットってジャンク品でも1000円前後だったりと地味に高い。
しかもスイッチを移植したところで不都合の原因が違うところの場合もあるし直る保証はない。
そこでまた色々調べてみたらPS2用のパットにも同じ形のスイッチが使われているらしい。
PS2のパットだったら余っている物が沢山あるしこれは都合がよい。


2016_1_14_2.jpg
用意したパットは写真の物。使わなくなったPS2社外品パット2種。
一番左の物はヤマダ電機のワゴンで購入したけど操作性が悪すぎて使い物にならずほぼ未使用。
真ん中のパットは慣れると結構使える物でサイバーガジェット製パット。
2種類のパットのアナログスティックを確かめてみると左の物は硬めで真ん中の物は柔らかめでした。

2016_1_14_4.jpg
全くお勧めできない操作性が最悪のゴミ。見た目は良い感じなんだけどもね。
アナログスティックは硬め。
※追記 2016.1.15
このコントローラーは後で確認してみたらPS3用でした。

2016_1_14_3.jpg
こちらは見た目はダサいけど使ってみればまぁ使える物。
普段は十字ボタンでSTGはプレーしているがアナログスティックでも使えるようにスティックが柔らかいこちらをチョイス。サイバーガジェット製

2016_1_14_6.jpg
スイッチの比較。
見た目は違いますがサイズ、端子の配置などは完全一致!
しかも、ちょっと心配だったスティック部分の径も一緒だった為、HORIパットのスティックカバーをそのまま流用できてしまうという奇跡もおこる。
なんだかいけそうな気がする。


2016_1_14_7.jpg
それでは作業に入ります。
不良スイッチを取り除く為に最初に外すことになる左トリガー部品。
コレが厄介で簡単には取れそうにない。
最初、無理して外そうとしだけど絶対に取れないつくりになっている事に気づく。壊さないように焦らずに慎重に行う。
右トリガーは外さなくても大丈夫そうなので一安心だ。


2016_1_14_101.jpg
トリガー部分は赤○部分のハンダを3箇所取れば外せます。
左右トリガー部品を間違わないように。取るのは左トリガーだけ


2016_1_14_11.jpg
その後は不良スイッチを取り除く。写真は取り除いた後。
ハンダ吸い取り機があれば綺麗に早く作業が進むのだろうが俺はあいにく持っていない。
コツコツとハンダ吸い取り線でハンダを取り除いていく。
1個のスイッチに対して取り除く場所が14箇所もあるので非常に時間が掛かりますが頑張るしかない。
この時ほどハンダ吸取り機がほしいと思ったことはないな^^;

2016_1_14_12.jpg
不良スイッチと交換部品の比較。
オレンジ色の方が不良スイッチで黒が交換部品です。
サイズ、端子の配置は全く同じ。 
シャフト部分をみてもらえばわかるけどこちらも長さ、形状共に完全に一致しているのでHORIパットのアナログスティックがそのまま流用できる。実にありがたい。

2016_1_14_13.jpg
交換部品を基盤に載せて按配を見てみる。
端子が14本もあるので慎重に合わせなが嵌めこむ。
うまく入らない時はいったん外して端子を真っ直ぐ伸ばしたりホールの方のハンダの残りを綺麗に処理したり。
ここで焦って端子をへし折ったりしないように慎重に。
うまくスイッチが収まったらスイッチ端子のハンダ付け。
コレは今までの作業に比べればどうということはない。


2016_1_14_1.jpg
最初の写真の使いまわしですが実はコレ、作業終了後に取った写真なので正確に言うと最初の写真が使いまわしている。まーそんなことはどうでも良いのだが。

この後実際にゲーム(スカイリム)で動作確認してみました。
全く問題なく動作良好!
しかもスティックの柔らかさも俺にはちょうど良い感じです。
これで不都合に悩まされることなく連射パットが使える。完全復活して気分も良いわ~^^

もちろん、PS2純正パットからもスイッチは移植できそうなのでPS2純正スティックに慣れている人はそちらを使えば宜しいかと。




おわり



アマゾンにリペアパーツがあった。スペアも含めこう言うのも有りかもしれない。


アナログスティック交換用パーツ




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

BIOHAZARD RE:2

PS4
Z Version

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -