FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ファミコン ディスクシステム修理 ゴムベルト自作

2016年現在、ファミコンのディスクシステムを使っている人は殆どいない。
大掃除の時押入れの奥から出てきた懐かしのディスクシステムを久しぶりに動かしてみても中に仕込まれているゴムベルトが経年劣化でボロボロになってしまい普通は動かないのである。

現行機のPS4やXB1が発売され良い感じで面白そうなソフトがそろってきた。
普通の人はそっちで遊ぶよね。FCディスクシステムなんて見向きもされる筈がないのである。
だがしかし!ディスクシステムを直して使いたいのだ!
あのディスクシステムのタイトル画面から読み込んだ後の安心感を味わいたい!
ソフトを遊ぶ為じゃない。ただ正常に読み込んでくれるだけで良いのだ。
それだけで自己満足できるのだから結果、ゲームをクリアしているのと同じじゃないかw

ディスクシステムのベルトを修理する場合、モビロンバンドっていう輪ゴムみたいな物で代用するのが一般的。
普通はコレで直ります。
実際俺もモビロンバンドを使って数台直してきた。
それでも直るのは直るんだけど数ヶ月ぶりにプレーしようとディスクを入れてみればエラー22だのエラー27だのが出るんだよね。
どういうことかって言うとゴムが伸びてしまいせっかく合わせたタイミングが狂ってしまうんですよ。
これはゴムバンドの個体差もあるので数ヶ月しても大丈夫なゴムバンドもあるし、次の日にはエラーを吐き出すゴムバンドもある。
それと極薄なゴムバンドの為、回転中にプーリーや回転盤から外れてしまうトラブルもあるし。
そんなわけで調子の悪いディスクドライブを自作ゴムバンドで直していく事にする。

2016_1_9_1.jpg
都合よく1mm厚のゴムが手元にあったのでコレを使うことにする。
※任天堂純正ゴムベルトは0.4mmだそうです。

2016_1_9_2.jpg
とりあえず長さ250mmと240mm、太さ2.5mmぐらいの物を1本づつ切り出してみた。
長さは後々調整が出来ますが太さは2.5mmを守るように。
3mm以上にするとプーリーから外れてしまう事故が多発します。

ここで問題になるのはつなぎ合わせをどう仕上げるか。
そのままお互いを貼り付けた場合、重ね合わせ目の段差が1mm、厚みが2mmになってしまい何かしらのトラブルの元である。
そこで合わせ目を0.5mm厚で切り出して張り合わせることにしました。
ですが切り出すにしても普通は0.5mm厚を簡単には切り出せないし厚みも凸凹になってしまいます。
そんなわけで治具を自作することにしました。

2016_1_9_3.jpg
使う物は0.5mmプラ版少々。

2016_1_9_4.jpg
プラ版を写真のように切り出します。
切り出し寸法は幅3mmで2,3センチほどの長さでOK!

2016_1_9_5.jpg
治具に先ほどのゴムバンドの先を写真のように当てて根元をズレ防止の為マスキングで止めておく。
またゴムが動かないように先端は瞬着でカッティングマットに点着けしておく。
ゴム先から15mmのところに印をつける。
コレで準備完了!

2016_1_9_6.jpg
治具とゴム先がピッタリとあっていることを確認して先ほどの印のところをまずは縦にカット。
プラ版までの厚みが0.5mmなのでしっかりと治具表面まで刃を入れる。

2016_1_9_13.jpg
今度は横からプラ版の表面を撫でる様にゆっくりと慎重にカット。
先ほどの印のところまでカットし切り出し終了。
この作業をもう片方やります。
張り合わせ面をしっかり確認してから切り出してくださいね。逆面を切り出してしまうとやり直しだからw

2016_1_9_7.jpg
両端を切り出したものです。少し凸凹してるけどこの位なら大丈夫です。
結構簡単な作業で綺麗にできますからご安心をw

2016_1_9_8.jpg
次は貼りあわせです。
最初は位置合わせを慎重に点着けで止めます。


2016_1_9_9.jpg
うまく位置を合わせてその後は残り部分に瞬着を流し接着!
接着剤は瞬間接着剤が一番使い勝手が良くお勧めです。
っていうかこれ1択だね。他にもゴム用接着剤はあるけど時間掛かるしベトベトになって失敗するかもだし。

2016_1_9_10.jpg
とりあえずベルトを合わせてみる。
写真は250mmのベルトですが少しユルそうな気がします。
240mmで切り出したゴムベルトは緩くもなくきつくもなく丁度良い感じだったので最初はこちらを組み込んでみようと思います。

2016_1_9_11.jpg
合わせ目箇所
ギアを指で回してみましたがここで引っかかるような不都合はなく大丈夫そうです。
ちょっと合わせ目に段差がありますがこのままの方向でw


2016_1_9_12.jpg
240mm と 250mmのFCディスクシステム用 自作ゴムベルト
最初は240mmで試してみます~
今回はゴムベルト自作まで。

次回はドライブに組み込んで動作確認してみます!




おわり





こっちはディスクシステムベルト代用品として普通に使うモビロンバンド
実際コレでも直ります。
アマゾンで売ってますんで気になる人はチェックしてみてください。

今回使った材料
  

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

BIOHAZARD RE:2

PS4
Z Version

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -