FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

PS3 殻割り大作戦! その2 殻割り作業

2016_10_1_ps3_0.jpg


昨日の続き記事になります

過去スレ
PS3 殻割り大作戦! その1 準備

結局、準備が整ったので昨日の晩に作業を進めました。
その作業状況を本日は更新していくよ!


2016_10_1_ps3_1.jpg
本体を分解して基盤を確認!
左側がGPU 右側がCPUらしいです。

2016_10_1_ps3_2.jpg
CELL
ソニー元副社長の久多良木氏が中心となり開発した独自CPU CELL
総開発費は3000億円とも言われていてソニー大赤字の立役者だがCELLがなかったら今のプレステは無いだろう。

2016_10_1_ps3_3.jpg
RSX
NVIDIAのGTX7800(G70)をベースにしたGPUらしいが今となってはもうGTX7000系なんて古臭すぎです。
PS3がロンチしたのが2006年11月だから今から丁度10年前ぐらい。まぁこれは仕方ないよね^^


2016_10_1_ps3_4.jpg
作業台は机の端を利用しました。
基盤から出ている電源差込口と机が干渉するので突起分の段差を調整するにはコレがベストw


スクレーパーを研ぎ機で削り先を刃物のように尖らせて作業に取り掛かった。

先をかなり尖らせたスクレーパーで作業開始してみるも全く殻に入っていかない。
え!?こんなに硬い接着剤使ってるの!?」と、少し焦りを感じる。
色々な角度からスクレーパーを入れてみるも全く同じでいくらやっても接着剤が取れる気配が無い。
まるで石ころと戦っているようだった・・・
そんなこんなを30分位格闘するも全くラチがあかないのでネットで調べてみた。
そしたら「右下部分から入れるとすんなりいきました」という情報をキャッチ!

早速試してみる。。。

2016_10_1_ps3_5.jpg
なにこれ・・・
すんなりいけたじゃんw
よかった~w
つーか!右下が~と情報を手に入れる前にこの場所は既に試してるつーの!これはどういうことだろうなぁ。
はじめての殻割では色々判らない事だらけ。
写真のように一旦、接着剤の隙間に刃物が入ればその後はグルリと一周して全て剥ぎ取るだけです。


2016_10_1_ps3_6.jpg
はい取れました~!
って良く見てみたらCELLのパッケージをかなり傷つけてしまっている。。。
おそらくこれは右下から攻める前の30分ぐらいの格闘の末、出来た傷だ。
久多良木ぃ~~~!

2016_10_1_ps3_15.png
もしかしたら・・・
やっちまったかも知れんぞ。


2016_10_1_ps3_7.jpg
気を取り直してこんどはGPUの殻割り作業に取り掛かる。
はじめに熱で暖めると良いらしいのでそのようにする。
ヒートスプレッダーを手で触ってあったかコーヒー缶ぐらいにしてみたよ!

2016_10_1_ps3_8.jpg
100均で買ってきた鉄ベラを入れてテコの原理で持ち上げる。

2016_10_1_ps3_9.jpg
少し力を入れるとバコンと外れるんです。
外れた時の事も考えないとかなり勢い良く外れるので注意!


2016_10_1_ps3_10.jpg
あぁっ・・・あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
CELLに引き続きRSXもパッケージにがぁ!
これは流石にっちまってると思います。
2016_10_1_ps3_16.png
もうこのPS3はだめだろうなぁ・・・
かすかな希望をこめてとりあえず組みつけて動作確認までやってみようとは思っていますが絶望感半端ない><
まぁ最初の分解だしリスクはつき物だよね。
俺が今回の殻割作業で勘違いしてたのがコア欠けでした。

大昔、AMDのCPUはヒートスプレッダー付きの物はなく全てコアむき出し。
ソケットAの頃のアスロンやデュロンがそれだ。
意気揚々とアスロン1Gを買ってきた日にコア欠けで壊したりコア欠けを恐れる余り焼き鳥にしてしまったりといった経験が裏目に出てしまった。。。
今回の場合、コア欠けよりもむしろパッケージ損傷の方に十分気を払わねば失敗する可能性大でした。
ここまで簡単に傷が付くなんて考えもしてなかったぜ!


2016_10_1_ps3_11.jpg
CELLについている接着剤の塗り込み配置
とりあえず今回は失敗ぽいけど今後の事を考えて写真を載せておきます。
接着剤が塗ってないところから剥がすのがよさそう。この辺り、掲示板のアドバイスでありましたね・・・
それと接着剤の材質ですがこれはコーキング剤と同じような感じ。おそらくシリコン系。
剥がしてみると判るがゴムみたいな質感です。
そんな訳で殻割で石ころのように固いってのはそもそもおかしいと言う事。簡単に切れる材質です。

2016_10_1_ps3_13.jpg
CELL用ヒートスプレッダー側面写真
この画像をどこかで見つけていたらおそらく今回の失敗は最小限ですんだと思う。
殻割する時にかなり重要な側面写真
スクレーパーや樹脂ベラを使用する際にどのように刃物を入れるか初めてだと全くイメージが沸かない。
そんな時はこの側面写真を参考にして欲しい。
ヒートスプレッダーには段差があり俺はその事を知らずに力任せで段差に刃物を入れていたようだ。
コレじゃ石ころと格闘してるわけだわw
段差は0.5mmありその下に接着剤が塗布されている。接着剤の厚さは0.3mm以下
※参考:一般的なカッター刃の厚みは0.4mm

2016_10_1_ps3_14.jpg
RSX用ヒートスプレッダー側面写真
こちらは4端に接着剤が付いているだけで作業箇所は特に問題ない。
ただ、GPU側の殻割で注意しなければならないことは、テコの原理で殻割する時に作用点となる部分にしっかりと養生をしてあげる事。作用点にはかなりの力がかかるのである程度平たい物の方が力が分散されて失敗の危険も多少減るだろう。


今回のPS3を組み上げていないけどどうなるかねw
とりあえず最初に分解したPS3はジャンクの原因がわかり辛いフリーズPS3で正解でしたw
フリーズする原因が熱暴走にしてもアイドリング1,2分じゃ熱を持つ前だしもしかしたら内臓メモリー等の不都合だとしたら治せなかったしね~^^




PS3の声(三杉 淳)
だいじょうぶだ。ボクの心臓はまだこわれちゃいないんだ







おわり


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

BIOHAZARD RE:2

PS4
Z Version

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -