FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

自分好みのファミコンを作ってみる その2

続き記事になります

前回のスレ
自分好みのファミコンを作ってみる その1



前回はSFCコントローラーの差込口をFC本体にハメ合わせるところまでやってきました。
今回は差込口端子にコントローラーの配線をして差込口の接着までやっていくよ!

2016_9_12_fc_1.jpg
先ずはFC基盤からFCコントローラーの端子を抜いて切断します。
切断は少し抵抗があるけど今回の改造をしてしまえば結局使わなくなってしまうんだよね。
改造が簡単に出来るのと後々外す事もできるように既存ソケットを使う事をお勧めします。
もし、どうしても切断したくない場合は基盤に直接半田付けも出来るのでそっちで対応してみてね。

2016_9_12_fc_0.jpg
簡単な配線図を作ってみた。
これを見ながら配線すれば間違いは無いと思う。
おれ自身もこの配線図を見ながらやりました^^

2016_9_12_fc_2.jpg
ここまで出来たら実際に収まるか確認してみる。
メイン基盤を仮置きしてソケットがちゃんとハマるか、基盤と干渉していないかなどのクリアランス確認もこの時やっておく。

2016_9_12_fc_3.jpg
パット差込口脇にあった小さな窪みは小物入れじゃなく電源ランプを取り付けることにしたよ。

2016_9_12_fc_4.jpg
このままじゃ見た目が悪いので少し加工してみます。
用意するのはダイソーで買ってきたホットボンド 半透明とプラ版。

2016_9_12_fc_5.jpg
LEDを仕込んだ窪みにホットボンドを流し込み満タンになって溢れたところでプラ版に押し付けて型を取る

2016_9_12_fc_6.jpg
しばらく置き、ホットボンドが固まったところでプラ版を剥がし、はみ出たところをカットしたら~!
電源ランプ部分の出来上がりっす!
この加工をしておけばLEDの光が直接目に入らないので眩し過ぎる心配がなく勧めw
プレー中に結構気になるのよ。まぶしい電源ランプの光って^^;
これならじわ~っとほのかに光るだけなので目に優しい。


2016_9_12_fc_7.jpg
ここまで出来たらSFCパット差込口を接着します。
使った接着剤はタミヤのプラモデル用の物。
完全に固まるまで丸二日ぐらいかかるけど、とりあえず一晩置けばガッチリくっついてはくれるので残り作業は一晩おいた後に進めることにします。

ということで、今日はここまで!



おわり

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

ベア・ナックルIV スペシャルエディション

PS4
スペシャルエディション
パッケージ版!

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -