FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

セガ マスターシステム リセットボタン 改造 その2

昨日のマスターシステムのリセットボタン追加改造の続きです。

2016_6_26_ms_1.jpg
本体の蓋を開けてみました。
左側のスペースはカツカツで微妙な雰囲気。一方右側はというとスッカスカ
これを見て右背面にボタンを追加する事にしました。

2016_6_26_ms_2.jpg
実際にボタンを置いてみる。
まぁたまにしか使わないボタンだしこの位置でも問題ないよね。

2016_6_26_ms_3.jpg
中心を図りドリルで穴あけ。3mm~4.5mm~6.5mmと順々にあけていきます。

2016_6_26_ms_4.jpg
俺は6.5mmまでのドリルしか持ってないのでこの後はリーマーで広げていく。
このリーマーは12mmまでね^^;
これより大きなリーマーも欲しいんだけど値段が一気に跳ね上がるんだよね。

とおもったらそれ程でもなかった。この品物は同じ物がほかに売っていて一方は5千円近くで売られている。間違ってそっちを買わないように注意!
32mmの穴を開けられるリーマーはアケステ自作で役に立つんだよな。ボタンの穴が30mm前後だった気がする。
使用頻度は少ないけどあると便利な工具です。

2016_6_26_ms_5.jpg
まだまだ穴を広げたいのでドリルで周りをくり貫いていく。
最終的な穴の大きさに合わせてくり貫くドリル刃の太さを調整します。
外周をくり貫いたらニッパーで断ち切る。

2016_6_26_ms_6.jpg
さぁ!削りの時間だ!
その後はひたすらヤスリで削り調整。
ノギスを合わせながら出っ張り部分を見定めて調整すると綺麗に仕上がると思う。


俺がいつも使っているノギスはこれw
工作する際に持っていると非常に便利。つーか必須工具じゃないか!?
プラモでも使えるし使用頻度は高いかもしれん。

2016_6_26_ms_7.jpg
ボタンを軽くはめ込んでみる。
うまくはめ込むことが出来たので穴あけ加工は終了っすw

2016_6_26_ms_8.jpg
ICが3つ並んでいるが一番外側にあるIC(Z80 CPU)の26番がリセットみたい。

2016_6_26_ms_9.jpg
基盤を裏返し該当の26番赤●部分です。

2016_6_26_ms_10.jpg
26番とGNDに配線する。
GNDは以前、ステレオ改造した時のGNDより引っ張ってきました。

2016_6_26_ms_11.jpg
メガドラアケコン自作した時のファストン端子が余っていたのでそいつを使って簡単に取り外しが出来るようにしたw
んでも、コイツは嵌め込んだ後かなり強い力で引っ張らないと抜けないんだよな。

2016_6_26_ms_12.jpg
蓋を閉めてかんせ~い!
この後リセットボタンの動作確認を行いましたが正常にリセットがかかり大成功w

ボタンのチョイスを間違って背面取り付けになってしまいましたが結果、本体の見た目を損なわずに出来たのでまぁ良かったのかな。


おわり
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

BIOHAZARD RE:2

PS4
Z Version

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -