FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

第3回 PS3 YLOD 分解・修理 復活への道のり

今回も続き記事になります。
以前の記事はこちらから
第1回 PS3 YLOD 分解・修理 復活への道のり
第2回 PS3 YLOD 分解・修理 復活への道のり

2016_3_30_ps3_4_4a.jpg
CPUリテンションプレートの取り外し
赤○4本を取り外す。ネジはプレートに残したまま保管しておくと良いかもしれない。

2016_3_30_ps3_4_5a.jpg
基盤を裏返します。
今回の工程から先はメイン基盤を裏返す事が何度かあります。
大型CPUファンを確認。ゲーム機でここまで大きい冷却ファンを見るのは初めて。
赤○のソケットを抜く。

2016_3_30_ps3_4_7.jpg
ここまで出来たら冷却ファンを取り外す事ができる。
残ったシリコングリスは綺麗に落としておく。
冷却だけでかなりコストがかかっていそう。
それに比べ初代箱○の冷却ときたらとんでもなく手抜きなのが分かる。

2016_3_30_ps3_4_6.jpg
内部電池 CR2032-LC1 
特殊電池っぽいので普通のCR2032で簡単に交換が出来ない感じ。

2016_3_30_ps3_4_8a.jpg
内臓電池のソケットを抜く。
それとHDDスペースにあるところに注目。

2016_3_30_ps3_4_9a.jpg
HDDスペースにある小さいミリネジ2本を外す。

2016_3_30_ps3_4_10a.jpg
メイン基盤を裏返す。
小さいミリネジ2本を外す。※HDDスペースのネジとは別物のネジ。

2016_3_30_ps3_4_11a.jpg
ここまで外せたら放熱板が外せます。
引っ掛かりを意識しながら起こすように外していく。表裏2枚。

2016_3_30_ps3_4_12a.jpg
こんな感じで起こします。
初めての分解の時はチップに取り付けてある放熱シートが放熱板にくっついている事があるので結構はがれ難いです。

2016_3_30_ps3_4_13.jpg
これでメイン基盤がの状態になっていると思います。
ご覧のようにホコリが溜まっている外装パーツや放熱板、冷却ファン等を一旦掃除します。

2016_3_30_ps3_4_14.jpg
圧力のあるコンプレッサーで大きなホコリを吹き飛ばし清掃。
その後、ヤニ汚れを洗剤でふき取る。
写真はないけど鏡面仕上げのフェイスプレートコンパウンドで磨き上げ綺麗に仕上げました。
掃除はこの後の工程で15分の待ち時間が2回程あるので残しておいてもかまわない。




つづく


過去PS3 YLOD修理記事
第1回 PS3 YLOD 分解・修理 復活への道のり
第2回 PS3 YLOD 分解・修理 復活への道のり





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

BIOHAZARD RE:2

PS4
Z Version

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -