FC2ブログ
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

第2回 PS3 YLOD 分解・修理 復活への道のり

初期型PS3(CECHA00) YLOD修理の続きになります。

2016_3_30_ps3_3_5a.jpg
次はブルーレイドライブを外します。
電源ソケット(赤○)を抜くとドライブが裏返せますので引っ張らずに裏返す。
するとフラットケーブル(赤□)が繋がっているのが確認できる。

2016_3_30_ps3_3_5ab.jpg
赤□部分にあるラッチを上に引き上げフラットケーブルを抜く。
基本的に初期型PS3についているラッチはこの方向に外せば問題ないようだった。
ここまで出来たらドライブが分離します。

2016_3_30_ps3_3_6aa.jpg
次は電源ユニットの取り外し。
赤○5箇所のネジを外し赤□2箇所のソケットを抜く。

2016_3_30_ps3_3_6ab.jpg
上の写真で分かりづらいネジとソケット部分の拡大写真。赤○P赤□Pが上写真に対応した箇所です。
全て外せば電源ユニットを取り外す事ができる。

2016_3_30_ps3_3_9.jpg
ここまでで出来たらこんな感じになっている。
次に外すのはWiFi基盤とスイッチ基盤。写真では下にある2枚の基盤。

2016_3_30_ps3_3_10a.jpg
スイッチ基盤の取り外し
インチネジ4本で止まっているのでそれを外す。ここは基盤とブラケットで構成されている。

2016_3_30_ps3_3_11a.jpg
WiFi基盤の取り外し
ミリネジ4本で止まっているので外し、アンテナ線も外します。

2016_3_30_ps3_3_13a.jpg
全て取り外したら下蓋を外す。
赤○ネジ5箇所で止まっているので外す。このネジはスイッチ基盤を止めているネジと同一です。
それとアース線を止めているワッシャー付きネジとその隣の長いネジを外す。
ここまで出来たらフタが全て取り払えます。

2016_3_30_ps3_4_1.jpg
ここまでの状態写真。上面側(リテンション側)

2016_3_30_ps3_4_2.jpg
裏面側(CPU側)
ホコリが溜まっているのが確認できるが思っていた程ではなかった。

2016_3_30_ps3_4_3a.jpg
本体後ろ、排気口カバー取り外し
赤○5箇所のツメを外せば取り外せます。
これを外せば外装パーツが全て無くなっています。




第3回へつづく・・・


過去PS3 YLOD修理記事
第1回 PS3 YLOD 分解・修理 復活への道のり




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト Amazon

抑えておきたいレトロゲーム用品
 
接点復活剤    レトロフリーク通常版    ギアコンバーター

スポンサーサイト 楽天

BIOHAZARD RE:2

PS4
Z Version

プロフィール

okensangames

Author:okensangames
オケンサンのゲームブログにようこそ。
ゲームハードの購入や分解修理など楽しみながらやってます。
弄るばかりでゲームはあんまりやらないかな。。。
写真、手前のネコはマンチカンのチャチャマル、奥のネコは三毛のクーちゃんです。

Amazon検索

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -